hario_simple_0103

Uncategorized

前だっこで自転車は危険すぎ

都会では子供載せ自転車が走っているのは当たり前の光景ですが、乳児の前抱っこはとても危険です。後ろに乗る兄姉が狭くなったとしても安全を考えるとどう考えてもおんぶだと思うのですがおんぶをほとんど見ることがありません。本当に不思議です。こんや鍼灸治療室
仕事

この試験の存在理由は

生真面目でおとなしい50歳代女性患者さん。両親の介護に加え保険会社の試験勉強とやらでゴリゴリの背中で来院しました。部外者の僕には何とも意味の分からない自動車保険取り扱い会社に課せられる試験の存在にスッキリしない治療になってしまいました。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
Uncategorized

腸内環境を整えるために出来ること

腸内細菌が大切と言われて久しくなります。しかし大切な事はそんなに難しい事ではありません。ちょっとしたことに気を付けた食生活でそれを継続することが重要なのです。それができれば身体の健康の基本、腸活はおおむねクリアできています。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
Uncategorized

妊娠初期の発熱

妊娠初期の発熱は夫婦そろって初めての経験という方が多いので心配かと思います。妊活で来院していた患者さん夫婦から夜半に電話がありました。しかし一般的に言うと妊娠初期の発熱は珍しい事ではありません。 東京都江戸川区平井 こんや鍼灸治療室
Uncategorized

鍼灸で糖尿病は治せるのか

糖尿病は糖尿性腎症をはじめ様々な疾患の原因となっています。糖尿病になる原因は様々ですがやはり血糖を上昇させる糖質を制限することが解り易い予防策になります。しかし生活習慣病とはよく言ったものでこれを変えるのは・・・。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
Uncategorized

アルコールはダメです

世の中の大部分の人はアルコールとうまく付き合っていますが、そうでない人も少なからず存在します。そういった人は飲まずにはいられない本人なりの理由がありますが、なかなか本人個人の努力だけではそこから離脱できるものではありません。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
Uncategorized

それって臓器脱じゃない?

太めの中年から高齢女性によく起こりやすい臓器脱。膀胱、子宮、大腸のどの臓器にも起こり得ます。またそれとは別に排尿前後に陰部の違和感や残尿感のような不快感を訴え泌尿器科でも膀胱の疾患を否定されて鍼灸治療にたどり着く患者さんも少なくありません。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
Uncategorized

靴ひもの締めすぎと親指の痛み

足の親指の痛みといってもいろいろな原因がありますが、今回取り上げたのは休日のハイキングで靴ひもを強く締めすぎてしまったことで足の甲から親指にかけて痛みが出てしまった例です。一時的ではなく、痛みや痺れの症状がしばらく残ることも多々あります。江戸川区平井 こんや鍼灸治療室
日常生活

ポスドクのギックリ腰の原因

ぎっくり腰の原因は重いものを持つからでも無理な姿勢をするからでもありません。身体(上半身)を支えることが出来なくなるような体調になる生活環境、状況の先にあるのです。心身一如という言葉がありますがまさにそういうことなのです。東京都江戸川区こんや鍼灸治療室
医療トピック

消えない痛みとどう向き合うか

痛みと一口に言っても部位、強さ、経過、予後、コントロールのしやすさ等様々な痛みがあります。大切なのはその痛みに客観的に向き合えるかどうか。強い痛みでも強い薬でもその痛みを俯瞰して見ることができる方はまたその感じ方が違うのかもしれません。こんや鍼灸治療室
タイトルとURLをコピーしました