鍼灸治療

仕事

元花柳界と思われる人

30年前に免許を取得して修行をし、22年前に開業して長く治療をしているといろいろな患者さんと出会います。今まで身体や健康や治療の事で様々な質問を受け、また答えてきましたが何と言っても一番驚いたのがこの質問です。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
Uncategorized

患者さんの男女比率が1:4の理由

治療中に患者さんの内訳は男女どちらが多いんですかと尋ねられることがあるのですが、その理由の根拠として答えるのは男女の身体の違い、もともと男女それぞれが特徴として持っている感覚の違いに大いに関係していると思っています。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
仕事

あえてウチに来る患者さん

当院は2001年開業ですから22年目の鍼灸治療室です。新規患者さんの8割は有り難いことに患者さんからの紹介ですが、誰も見ていないような、江戸川区運営の「えどがわ産業ナビ」や「はりおブログ」からの患者さんもいるのです。江戸川区平井こんや鍼灸治療室
医療トピック

むずむず脚症候群について(2例)

寝ようとするとなんだか足に違和感があってじっと寝ていられない、という感じがあったらそれはむずむず足症候群かもしれません。米国では薬の広告の規制が我が国ほど厳しくないのでそのおかげでこの症状の認知、治療が広がりましたが・・・。こんや鍼灸治療室
医療トピック

男性の膝の関節リウマチ

関節リウマチは女性に多い病気ですが、男性に発症しないわけではありません。しかしほとんど出会わないためにリウマチを疑うことを忘れてしまい、いたずらに時間と費用の負担をさせてしまうことがあります。今回は反省の意味も込めて。 東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
日常生活

独身男性は短命なのか~2

一般的に独身男性は短命であるというデータがあるのですが、そういう刹那的系独居男性だけではない事例を紹介します。生み育ててんくれた親、御先祖様、食べ物、それこそ八百万の神々への感謝の気持ちがあれば自ずと自分の身体は大切にするものなのかもしれません。
日常生活

独身男性は短命なのか~1

平均的な寿命を比較した場合、独身女性と既婚女性、独身男性と既婚男性を比較した場合、女性はむしろ独身、単身のほうがやや長いのですが男性の場合は独身男性は平均寿命が15年も違うのです。どうしてこのような結果になるのでしょう。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
日常生活

何を食べても美味しくない

若い頃は何を食べてもおいしかったのが年齢を重ねると何を食べてもおいしくないという訴えをよく聞くのですが当然と言えば当然で、それが歳をとるということでもあります。簡単な対策は3食を2食に、もしくは量をグッと減らして厳選した食材を食べるというのをお勧めしています。
日常生活

垢こすりの習慣は恐ろしい

年齢を重ねると皮膚の再生力が衰えて乾燥したり乾燥したりするのはよくあることなのですが、肌の痒さを訴える高齢者によくある共通点が入浴時の垢こすりやさもなければ石けんを使ってのナイロンたわしでごしごし洗うことなのです。治療時に肩や背中を見る度に引っかき傷が気になるのです。
鍼灸治療

ダンナの事がストレスで・・・

一対一で治療をしていると、患者さんの本音を聞くことが出来ます。身体の疲れよりも心、精神的な疲れで来院する患者さんが多いこともそうですが、鍼灸治療がそんなよくわからない❝モヤモヤ❞の解決になることを何となく感じて来院するのかもしれません。東京都江戸川区 こんや鍼灸治療室
タイトルとURLをコピーしました